お酒を自由に楽しみ、セレンディピティな出会いを

WINE

My wine journey by Yuri Shima ~世界のワイン便り Vol.03  Wines of South Africa ~Old vines

WOSA(Wines of South Africa)主催のベンチマーク・テイスティング


文・写真/島 悠里

Attended the benchmark tasting and seminar organized by WOSA Japan.

南アフリカのワイン、飲んだことありますか? 南アは、品質に比べて価格が抑えられたコスパがよいワインが多いと皆さん言いますが、南アには、その一言で一括りにできない、たくさんの造り手のストーリーと多様なワイン産地があります。

2017年に南アフリカのワイン産地を周ったとき、ワインの多様性、造り手たちの情熱、食事の美味しさ、景観の美しさに触れ、感動して以来、機会があれば試しています。

そんな一押しの南アワイン。10月に東京で開催された、WOSA(Wines of South Africa)主催のベンチマーク・テイスティングに参加し、また新たなワインに出会うことができました。

セミナーでは、岩田渉ソムリエが、「ABC(=Anything but Cabernet and Chenin Blanc カベルネとシュナン・ブラン以外」をテーマに、南アのブドウ品種の多様なスタイルを解説。今回は、その中の1本をご紹介します。(他のワインは下に記載)

Boekenhoutskloof Semillon Old Vine 2020(7,200円、輸入元:マスダ)

1902年と1942年に植えられた古木のセミヨンから造る白ワイン。

岩田ソムリエのコメント: 複雑で多層的な香り。みかん、パイナップル、杏などの熟した果実に、レモンバーベナやお花、バニラビーンズなど甘いスパイス。木樽のニュアンスが上品に溶け込む。セミヨンらしいワックスや羊毛クリームのようなテクスチャ。余韻は長く、グレープフルーツの白い皮のような軽やかな柑橘と心地よい苦味を感じる。

Boekenhoutskloof Semillon Old Vine 2020

わたしが現地で飲んで心動かされたのも、古木のセミヨンのワインでした。南アでは、セミヨン100%で、この品種の奥深さと複雑性を表現した、類まれなスタイルのワインが造られています。

そして、古木は南アのワインを語る上でのキーワードでもあります。栽培家ロサ・クルーガーさんによる「Old Vines Project」の活動にみられるように、世界をリードしたブドウの古木の研究が行われていて、古木を大事にしているのです。

南アの古木から造られたワイン、要注目です!

Old Vines Project(古木プロジェクト)のロサ・クルーガー(Rosa Kruger)さんと古木の畑にて

【岩田ソムリエがセミナーに選んだワイン】

Swartberg Wingerde Holism Palomino 2021(4,800円、輸入元:アークセラーズ)
Boekenhoutskloof Semillon Old Vine 2020(7,200円、輸入元:マスダ)
Stark Conde The Field Blend 2020(3,300円、輸入元:モトックス)
Natte Valleij Coastal Cinsault 2020(3,200円、輸入元:Humming Bird)
Momento Grenache Noir 2021(5,500円、輸入元:ラフィネ)
Longridge Pinotage 2019(3,500円、輸入元:マスダ)

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
島 悠里

大学卒業後、外資系投資銀行勤務、米国ロースクール留学。その後、国際弁護士事務所勤務を経て、パリの国際機関で勤務(国際貿易・投資法が専門)。 ワインが日常にある、フランスやカリフォルニアに住んだことがきっかけでワインに魅了され、2018年にサンフランシスコでWSET Diplomaを取得。2019年のロンドンでの卒業式では、総合上位の成績でInternational Wine and Spirits(IWSC)賞を受賞。 ワインの分野では、国内外のメディアでのワイン記事執筆、ワインセミナーでの講師、ワインイベントのオーガナイザー、国際的なワイン品評会でジャッジを務めるなど幅広く活動。特にシャンパーニュに力を入れている。 米国ニューヨーク州弁護士 WSET® Level 4 Diploma WSET® Certified Educator&Level 3 Internal Assessor J.S.A. 認定ワインエキスパート IWSC ジャッジ(シャンパーニュ・スパークリングワイン部門)

  1. My wine journey by Yuri Shima ~世界のワイン便り Vol.04  チリワイン Tarapaca

  2. My wine journey by Yuri Shima ~世界のワイン便り Vol.03  Wines of South Africa ~Old vines

  3. My wine journey by Yuri Shima ~世界のワイン便り Vol.02 Bibi Graetz Testamatta 2021

RELATED

PAGE TOP