お酒を自由に楽しみ、セレンディピティな出会いを

WINE

自然派ワインの祭典「RAW WINE TOKYO」が5月、日本初上陸!

文/山田 靖

賛否はあれど自然派ワインはワイン好きだけではなく、ヘルシー志向の人、オシャレライフスタイル系、裏渋谷系など多くの人たちが反応するキーワードだ。そんな自然派ワインに興味津々の方々には5月に日本で開催される自然派ワインとビオワインの世界を体感する絶好の機会「RAW WINE TOKYO」というイベントを紹介しよう。
5⽉12⽇・13 ⽇この2日間のこのイベントでは、世界中から厳選された自然派ワインやビオワイン100以上の試飲と、その自然派ワインの生産者もやってきて、直接生産者や醸造者と交流できるほか、ワインに合わせたフードも楽しめる。

「RAW WINE TOKYO」とは?

世界各国で開催されている「RAW WINE」。今回東京は初開催となる。主宰するのは、フランス初の女性マスター・オブ・ワインであり、自然派ワイン運動の推進者であるイザベル・レジュロン氏。彼女は自然派ワインの普及と発展を目指し、RAW WINEを世界最大の自然派ワインプラットフォームとして確立させたという。彼女の著書『自然派ワイン入門』に詳しく、「自然派」と呪文のように唱える人たちにも一読オススメしたい。

イザベル・レジュロン氏

世界各国から参加ワイナリーも豪華

「RAW WINE TOKYO」は、世界21カ国から125以上の生産者が参加し、多彩な自然派ワインが一堂に会する場です。アイコニックな生産者だけでなく、日本初上陸のワインや未上陸の生産者との出会いも期待できます。フランク・コーネリッセン(イタリア・シチリア)、ル・ピュイ(フランス・ロワール)、ヒユ・ファーム(アメリカ・オレゴン)、ドメーヌ・リガス(ギリシャ・マケドニア)など、世界各地の名だたる生産者が一堂に集結し、その魅力あふれるワインを味わうことができ、またスピリッツ生産者やシードル生産者も参加、フランスのディスティルリー・カゾットやスイスのシードルリー・A・ヘフティグなど、ワイン以外の新たな出会いもあるだろう。

日本国内からも「ドメーヌ・タカヒコ」や「島之内フジマル醸造所も参加! ナチュラル日本酒の酒蔵も
⽇本開催ならば当然、⾃然な造りにこだわる⽇本ワインの⽣産者や⽇本酒の酒蔵も参加! ⽇本初開催につき、名だたる⽇本ワインの⽣産者の参加も発表されている。ドメーヌ・タカヒコ(北海道余市町)、⾹⽉ワインズ(宮崎県綾町)、no.505 Hiroshima Winery(広島県三原市)、コルトラーダ(岡⼭県新⾒市)、ラ・グランド・コリーヌ・ジャポン(岡⼭県岡⼭市)、島之内フジマル醸造所(⼤阪市中央区)、グレープリパブリック(⼭形県南陽市)が登場。もちろん試飲できる。⾃然派ワイン以外にも⾃然なお酒造りにこだわる⽇本の酒蔵が特別に参加。寺⽥本家、秋⿅酒造、⽊⼾泉酒造、仁井⽥本家(※順不同)の豪華酒蔵がイベントに駆けつけます。

お茶屋「norm tea house(ノーム ティー ハウス)」も参加。アルコール以外の楽しみも盛りだくさん。

会場ではペアリングフードも楽しめる。提供してくれるお店は旬の⾷材を使った和⾷と⾃然派ワインが楽しめる⻄⿇布の和⾷屋「葡呑(ぶのん)」、オーストラリア発のモダンタイレストラン「Longrain(ロングレイン)」、オーガニック⾷材を使ったフランスの家庭料理と⾃然派ワインが楽しめる南⻘⼭のワインバー「apéro(アペロ)」が料理で会場を盛り上げてくれる。

このイベントのチケット完売も、4⽉8⽇16 時より公式サイトでの追加販売が決定

最初の販売では瞬殺に近く、入場チケットは完売してしまったが、参加希望者の要望に応えて、追加チケットの発売が発表された。

専門サイトにて4月8日16時より予約販売が開始される。

当日のチケット販売はないので、この機会を逃しては公開するぞ!

イベント概要
⽇時/5 ⽉ 12 ⽇日曜日5 ⽉ 13 ⽇月曜日 各 2 部制
午前の部:10:00~14:00
午後の部:14:30~18:30
会場 /寺⽥倉庫 B&C HALL(東京都品川区東品川2丁⽬1−3)
追加チケット発売⽇ 2024 年 4 ⽉ 8 ⽇月曜日16 時~
⼀般チケット 8,000 円
チケット購⼊ページ(外部サイト)
https://www.rawwine.com/tickets

「RAW WINE TOKYO」公式サイト(外部サイト)はココをタップ

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
山田_yamada 靖_yasushi

Why not?マガジン編集長。長くオールドメディアで編集を担当して得たものをデジタルメディアで形造りたい。座右の銘は「立って半畳、寝て一畳」。猫馬鹿。年一でインドネシア・バリのバカンスはもはやルーティン。

  1. 2021ヴィンテージのオルネッライア、アーティストとワイナリーがシンクロした言葉それは「ラ・ジェネロジタ(寛大)」

  2. 南アフリカワインKWVの魅力を堪能したワイン会になったそのわけをレポート

  3. 満員御礼! 定員に達しました。Why not?マガジン主催ワイン会 ニュージーランドの「ブラック・エステート」オーナー夫妻来日ワイン会開催!

RELATED

PAGE TOP