お酒を自由に楽しみ、セレンディピティな出会いを

WASHU

紫貴あきの「今夜」ワインが飲みたくなるはなし 能登半島地震被害から石川県のお酒が復興するためにいまできること

文/紫貴あき

7th glass of wine
「能登初桜+天狗舞」

石川県の形は、手を横から見た図に似ています。まるで助け合うために、手を伸ばしているような形ー 今、石川の日本酒業界では、手を取り合って復興活動が行われています。

2023年5月地震から能登半島地震

櫻田酒造は、石川県珠洲市に位置する酒蔵です。100年以上も続く酒蔵で、地元の漁師たちに愛されてきました。社長の櫻田博克さんは4代目です。

2023年5月に起きた地震で、土壁が崩れ落ち、数百万かけて修復していました。修復が終わり、酒造りに取りかかった矢先に、元旦の地震が発生したのです。蔵、店舗、住宅は一瞬で全壊。杉玉のついた屋根は潰れ落ち、タンク、すべての醸造施設も瓦礫に埋もれてしまいました。櫻田さんは、一時は廃業を考えたとか。そんな櫻田さんを支えたのが、ファンの応援の声、そして同業者の支援なのです。

能登の大慶.能登初桜醸造元 櫻田酒造、蔵元杜氏の櫻田博克さん

櫻田酒造を救え!

すぐに櫻田さんに手を差し伸べたのが、白山市の車多酒造です。白山市は石川県の南方に位置するため、震源地に近い能登ほどは地震の被害は大きくなかったとか。そうはいっても、車多酒造でも、壁が落ちたり、ひびが入ったり………7人いる蔵人のうち4名は実家が全壊・半壊し、住めない状態になり、減産せざる負えない状況にあります。そのような状況でも、「うちの被害なんて微々たるものです」とは、社長の車多一成さん。櫻田さんとは、20代からの親友です。

車多酒造の応援プログラム

1つ目の応援は、共同醸造。被害に遭わなかった米を、車多酒造に持ち込んで、櫻田酒造の酒として仕込みます。能登四天王として知られる杜氏の中三郎さんも、アドバイスします。「能登大慶」純米酒として販売されます。

 そしてもう1つは、櫻田酒造と車多酒造の酒をブレンドした酒です。全壊した蔵の中でも奇跡的に生き残った酒。これを天狗舞の本醸造とブレンドして「能登初桜+天狗舞」として販売します。櫻田さん自身が自分の酒に近いと思ったスタイルに仕上げました。このお酒の利益は、櫻田酒造の復興に全て割り当てられます。


広がる支援

車多酒造が支援したのは、櫻田酒造だけではありません。鳳珠郡に位置する数馬酒造です。地震が発生したとき、数馬酒造では、まさに仕込み最中でした。醪(もろみ)のままでは瓶詰めすることはできません。そこで、2回に分けて醪を取りに行き、車多酒造で醪を搾り、瓶詰め、出荷まで行ったのです。「人様の子どもを預かったみたいで、ホッとしました」とは車多社長の言葉。

手を取り合って

「能登は石川の酒にとって重要な場所」「昔から、みんなで切磋琢磨してきたのだから、支援は当たり前」と車多社長は語ります。深い失望を感じるときも、手を取り合いながら前進する石川の酒。全快の笑顔で乾杯できる日を夢見て、一歩ずつ復興の道を歩んでいます。わたしたちも、今こそ飲んで応援したいものです。

記事のお酒が買えるサイト
車多酒造オンラインショップ (tengumai.jp)
※品切れになる場合もあります

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
紫貴あき

ソムリエ | ワイン講師 日本最大級ワインスクール「アカデミー・デュ・ヴァン」の人気講師。 丁寧なレッスンは、 初心者から上級者まで わかりやすいと評判。 著書に『ゼロからスタート!紫貴あきのソムリエ 試験』( KADOKAWA)。この夏には、かんき社から『ワイン図鑑』を出版予定。

  1. 紫貴あきの「今夜」ワインが飲みたくなるはなし 天才レオナルド・ダ・ヴィンチが愛したワイン

  2. 紫貴あきの「今夜」ワインが飲みたくなるはなし 能登半島地震被害から石川県のお酒が復興するためにいまできること

  3. 紫貴あきの「今夜」ワインが飲みたくなるはなし 今、声を大きくして叫びたいのが「呑みまっし、石川のワイン」

RELATED

PAGE TOP