お酒を自由に楽しみ、セレンディピティな出会いを

WINE

My wine journey by Yuri Shima ~世界のワイン便り Vol.01 Rare Champagne Vintage 2013


文・写真/島 悠里 ※最初の画像は©Anthony Dorfmann

はじめまして!この度、新しく連載を始めることとなりました、島悠里(しまゆり)です。
シャンパーニュやカリフォルニア、世界のワインのなかから、今、面白いと思うものをお届けしていきます
初回のテーマは、レア・シャンパーニュの新ヴィンテージ2013。

Attended the release party for Rare Champagne 2013 in June in Paris. 
今年6月、パリで、レア・シャンパーニュ 2013のお披露目会が開催されました。

レアの起源は、1785年、フランス王妃マリー・アントワネットに献上された1本のキュヴェに遡ります。1976年が最初のヴィンテージで、それ以降、この半世紀で14しか造られていない、まさにレアな存在。レア2013年のキーワードは、光り輝くという「燦然」です。

このお披露目会の会場は、そんなレア・シャンパーニュにふさわしい、パリ8区のHotel Alfred Sommier。提供されたのは、このRare 2013のみという贅沢で、おしゃれなガーデンパーティーでした。醸造責任者のエミリアン・ブティヤさんを始めとしたレア関係者、そして国内外からのゲストたちがたくさん集い、賑わっていました。

醸造責任者のエミリアン・ブティヤさん(左から2番目)とオーストラリア、イギリスからのシャンパーニュ専門のジャーナリストの友人たち。

レアは、シャルドネ70%、ピノ・ノワール30%のブレンドで造られます。シャルドネは、コート・デ・ブラン地区だけではなく、モンターニュ・ド・ランス地区からのブドウもブレンドされ、それにより、厚みや複雑さが加わり、スケールの広がりがあります。
この新リリースの2013ヴィンテージは、柑橘や桃、トロピカルフルーツに、2013らしい、透き通った酸が骨格を作っています。そして、レアにいつも感じる優しい、スムースな口当たり。リリース仕立ての今から、スルスル飲める近づきやすさがあります。機会があったら、ぜひお試しを!



Rare Champagne専用サイトはこちらをタップ


  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
島 悠里

大学卒業後、外資系投資銀行勤務、米国ロースクール留学。その後、国際弁護士事務所勤務を経て、パリの国際機関で勤務(国際貿易・投資法が専門)。 ワインが日常にある、フランスやカリフォルニアに住んだことがきっかけでワインに魅了され、2018年にサンフランシスコでWSET Diplomaを取得。2019年のロンドンでの卒業式では、総合上位の成績でInternational Wine and Spirits(IWSC)賞を受賞。 ワインの分野では、国内外のメディアでのワイン記事執筆、ワインセミナーでの講師、ワインイベントのオーガナイザー、国際的なワイン品評会でジャッジを務めるなど幅広く活動。特にシャンパーニュに力を入れている。 米国ニューヨーク州弁護士 WSET® Level 4 Diploma WSET® Certified Educator&Level 3 Internal Assessor J.S.A. 認定ワインエキスパート IWSC ジャッジ(シャンパーニュ・スパークリングワイン部門)

  1. My wine journey by Yuri Shima ~世界のワイン便り Vol.07  暑い夏をシャンパーニュで乗り切ろう:アンドレ・クルエの「シルバー・ブリュット・ナチュール」

  2. My wine journey by Yuri Shima ~世界のワイン便り Vol.06  シャンパーニュのドサージュはどうやって決める?

  3. My wine journey by Yuri Shima ~世界のワイン便り Vol.05  イタリアの高品質スパークリング・ワイン Ferrari Trento

RELATED

PAGE TOP