お酒を自由に楽しみ、セレンディピティな出会いを

WINE

紫貴あきの「今夜」ワインが飲みたくなるはなし

1st glass of wine
「ボデガ・イニエスタ」

文/紫貴あき
2018年5月23日、日本中があるニュースに沸きました。
「イニエスタ ヴィッセル神戸移籍」、ネット配信ニュースに表示された見出しに、サッカーファンは大興奮。まさに夢のようなニュースです。
イニエスタといえば、元FCバルセロナのスター選手でもあり、2010年のワールドカップでも、スペイン代表を優勝に導いた貢献者です。洗練されたサッカー技術だけでなく、謙虚な人柄、リーダーシップでもファンを魅了しています。インスタグラムのフォロアー数も3500万人超とは脱帽です。(2023年9月時点、日本で最もフォロアー数が多いのがタレントの平野紫耀でフォロアー数390万人)

賑わうワイン販売サイト                    
このニュースと同時に賑わったのが、インターネットのワイン販売サイトです。移籍とワインにどんな関係があるのか、不思議に思った人もいるでしょう。実は、イニエスタは故郷のラ・マンチャ州でワインを造っているのです。その名も「ボデガ・イニエスタ」。どのサイトを見ても、完売しているではありませんか。

イニエスタというと元FCバルセロナの選手だから、バルセロナを包括するカタルーニャ州出身と思うと大間違えで、実は、首都マドリードの南に位置するラ・マンチャ州の小さな村出身なのです。(余談ですが、幼少期はFCレアル・マドリードの大ファンで、FCバルセロナは宿敵だったようです)

ワイナリー事業スタートのワケ

故郷を離れ、12歳でFCバルセロナに入団したイニエスタ。当時は、ホームシックにかかりました。毎日家族に電話し、週末ごとに帰省していたとか。「12歳だからしょうがない」「全寮制なら頷ける」との声もありますが、それよりも、イニエスタは人一倍「地元愛」が強かったのではないでしょうか。

そんなイニエスタが、地元でワイン事業に乗り出したのは自然なことでしょう。祖父の代からブドウ農家で、父も10haの畑を所有していました。ワイナリーでは地元の人々を雇用して経済発展に努めたり、ワイナリーには「イニエスタ・ミュージアム」を併設し、ワインツーリズムにも力を入れたりしています。そう「ボデガ・イニエスタ」は家族と故郷への恩返しプロジェクトの一環なのです。

ボデガ・イニエスタの実力

ワイナリーはスペイン内陸部に位置し、非常に乾いた気候タイプです。ときには暑すぎるため、ブドウが甘くなりすぎたり、レーズンになったり、ときには干ばつの被害に遭ったりすることもあります。しかし標高が600~1000m近くあるために(参考までに、高尾山の標高は約600mです)、夜間にぐっと気温が冷え込み、ブドウの過熟を回避することができるのです。

スペインを代表する黒ブドウ品種テンプラリーニョ、白ブドウ品種マカベオの他にも、カベルネ・ソーヴィニヨンなどフランス出身のブドウ品種も栽培されています。最も推したいのが、黒ブドウ品種ボバルです。スペイン南東部を中心に栽培されている地場品種で、極端に乾いた場所でも適合します。

イニエスタワインをテイスティング

ボデガ・イニエスタ コラソン・ロコ・ボバルをテイスティング。鮮やかな深紅色。新鮮なブラックベリー、黒胡椒が香ります。味わいはブラックプラムをかじったときのような、ジューシーな果実味です。それでいて、爽やかな酸があり、良いバランスを織りなしています。飲むとポジティブな気分になる1本です。

終わりは始まり

2023年夏、イニエスタはヴィッセル神戸を退団することを発表しました。目に涙を浮かべながらも、感謝の辞を述べていたのが忘れられません。終わりは始まり。この日は、もちろんボデガ・イニエスタでイニエスタの門出を祈って乾杯したのです。

『コラソン・ロコ』シリーズ。左から、コラソン・ロコ ティント、コラソン・ロコ ブランコ、コラソン・ロコ ロサード(各1,540円)、コラソン・ロコ ボバル(2,200円)、コラソン・ロコ セレクション(2,750円)、コラソン・ロコ プレミアム(4,400円)

紫貴あき(しだかあき)氏
ワイン講師J.S.A.認定ソムリエ・エクセレンス/第10回J.S.A.ワインアドバイザー全国選手権大会 優勝。
大手ワイン専門輸入商社にてマーケティングを担当。退社後はカリフォルニアでワインを勉強し、現在は、レッスンや執筆活動を通じてワインの魅力を伝えている。2024年3月にはKADOKAWAから「ゼロからスタート!ソムリエ1冊目の教科書」を出版予定。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
紫貴あき

ソムリエ | ワイン講師 日本最大級ワインスクール「アカデミー・デュ・ヴァン」の人気講師。 丁寧なレッスンは、 初心者から上級者まで わかりやすいと評判。 著書に『ゼロからスタート!紫貴あきのソムリエ 試験』( KADOKAWA)。この夏には、かんき社から『ワイン図鑑』を出版予定。

  1. 紫貴あきの「今夜」ワインが飲みたくなるはなし 天才レオナルド・ダ・ヴィンチが愛したワイン

  2. 紫貴あきの「今夜」ワインが飲みたくなるはなし 能登半島地震被害から石川県のお酒が復興するためにいまできること

  3. 紫貴あきの「今夜」ワインが飲みたくなるはなし 今、声を大きくして叫びたいのが「呑みまっし、石川のワイン」

RELATED

PAGE TOP